すべり止め効果

大きな絵のある部屋

本格的な高齢化社会の到来によって、住宅においても高齢者やその介護者が住みやすい住宅が強く必要とされる時代が来ています。
そのような中で住宅に期待される機能として、高齢者や要介護者はもちろん、介護者にとっても介護がしやすく、また高齢者達とも快適に暮らせる各種設備や間取りが必要とされています。
その住宅をリフォーム工事において求める人が近年は多くいます。
セカンドライフの始まりをきっかけに住宅を将来の老後に備えて、インテリアの各所に手すり取り付けや、段差を無くす平滑工事を行ったり、またフローリングに滑り止め工事を行ったりといった具合です。
こういった介護リフォーム対応の住宅の需要増加に、各建設会社もその商品の提供に努めており、今後もより優れた介護リフォーム商品が提供されるとみられています。

古くなった住宅の傷みを補修することが目的だったり、ライフスタイルの変化に合わせて新たな機能を付加したり、中古の住宅購入に合わせて行ったりと、リフォーム工事を行う機会は様々なケースがあります。
工務店などの業者を選んだ後は、いよいよ契約となりますが、その際には注意をしたい点もあります。
まず契約は、建築工事請負契約を交わしますが、その契約に含まれている項目に過不足がないか注意をしておく必要があります。
よくあるトラブル例として、その前段階に営業担当と口約束をして、それが契約書の中に含まれていないために、揉める例です。
そのため契約書は、それで全ての内容に問題がないか確認を必ずしておきます。
また設計図や仕様書、工程表なども必ず一緒に添付をしてもらうように注意をしておきます。